menu

PAGE TO TOP

明治維新150周年記念プロジェクト幕末第一回「西郷隆盛の最後の教え「南洲遺訓」について」を開催しました

プロジェクト幕末第一回「西郷隆盛の最後の教え「南洲遺訓」について」
日時:2017年9月24日
会場:中国料理崔さんの店
出演者:笠倉健司、鎌田薫水、酒井悦子

2017年は大政奉還から150年、2018年は明治維新から150年を迎える節目の時を記念し、「プロジェクト幕末」シリーズを企画しました。

第一回目となった本企画では「西郷隆盛」をテーマに、公認会計士であり禅道家でもある笠倉健司氏が、南洲遺訓の内容を掘り下げ、幕末から明治初期に活躍した西郷の哲学や教えを講演して下さいました。


西郷は明治政府樹立に重きを果たし、幕末を代表する有名な人物ではありますが、西南戦争で明治政府と強硬な姿勢で対するなど、その人物像について謎の部分も多く見受けられます。その西郷の考え方が南洲遺訓から紐解かれ、来場者は熱心に聴き入っていました。

 その他の催しとして、薩摩琵琶の鎌田薫水氏や、箏の名手で酒井悦子氏らがそれぞれ公演しました。

 

Copyright (C) 2017 Copyright 一般財団法人 大和の心芸術文化財団. All Rights Reserved.